ウーマン

貸衣装を借りるコツ|結婚式にピッタリなドレスが揃う

なりたい花嫁のイメージは

ウェディング

デザインによって異なる

人生で最も晴れやかな舞台である結婚式に着るウエディングドレスは、最も自分をひきたてるデザインを選びたいものです。まず、ウエディングドレスのデザインの種類や与えるイメージについて知っておきましょう。ウエディングドレスのデザインは、6つほどあり、それぞれに見る人に与えるイメージに違いがあります。伝統的なウエディングドレスのデザインであるAラインは、東京の挙式会場を選ばず、しかも体型を問わずに誰にでも似合い、上品でシンプルなイメージを見る人に与えます。プリンセスラインは、昔のお姫様のようなウエディングドレスで非常に華やかなデザインが多く、お姫様らしく可愛らしいイメージです。プリンセスラインのウエディングドレスの膨らみ具合は、下着で調節することができるので好みの膨らみを作れます。華やかで存在感のあるデザインなので、東京の大きな挙式会場や豪華なバンケットでも会場負けすることなく、しっかりと花嫁さんをひきたててくれます。エレガントなデザインのスレンダーラインは、高身長でほっそりとした手足の長い花嫁さんにおすすめです。ウエディングドレスの膨らみはなく、体のラインにそったデザインなので大人っぽいイメージです。ウエディングドレス特有の膨らみがないので、動きやすいので東京のガーデンやレストランでの挙式に向いています。マーメイドラインは、人魚姫をイメージさせるデザインで、メリハリのある大人体型をひきたててくれます。エンパイアラインは、胸の下に切り替えがありストンと流れるようなシンプルでカジュアルなデザインです。ウエストを強調しないデザインなので、お腹や下半身が気になる人に向いています。東京のアットホームな会場でのウェディングに着るにふさわしいです。ミニラインは、足をみせたい花嫁さんにおすすめのデザインですが、東京の挙式会場によっては着ることができないこともあるのでその点には注意しましょう。